2020年01月04日

新しい年も・・・



新年あけましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

本日より通常の診療がスタートしています。

IMG_9362 (1).JPG

年末年始のお休みは、普段掃除できないような箇所を掃除したり、メンテナンスしたり…

そして!まさか??

ええ、やっぱり勉強してましたひらめき
もちろん私ではありませんよ、先生がですわーい(嬉しい顔)
つくづくこの仕事が好きなのだと思います。

仕事と読書とTVでのスポーツ観戦。。。そんな穏やかな年末年始でした。

そして今日、また心新たにスタートを切りましたぴかぴか(新しい)

病院に立つことはめっきりなくなっている私も、今朝は身の引き締まる思いで、
自宅から職場へと続く階段を降りる背中を見送りました。


初心を忘れずに、患者さまと飼い主さまに寄り添う医療を提供できるよう
スタッフ一同精進してまいります。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。
posted by koyaguchi-ah at 20:00| 診察案内

2019年12月20日

おかえり、迷子ちゃん

年末が見えきて、呑気な私にもさすがに師走感が出てきましたダッシュ(走り出すさま)

新年を迎える準備の段取りを考えながら、
この一年で心に残る嬉かったことはなんだろうかと振り返ると…

やっぱりアレですexclamation×2

今月の出来事になりますが、1ヵ月半迷子だった猫ちゃんが家に戻ることができました猫ひらめき

そのニュースは本当に嬉しい出来事でしたぴかぴか(新しい)

今回、飼い主さんの諦めない気持ちが周りにしっかり伝わっていたように思います。
どこへ行っても「探しています」のチラシが貼ってあり、毎日チラシを目にするような感じでした。
「きっと今日も飼い主さんは探してる。私も気をつけて過ごそう。」って思ってました。

小学生達も「ねぇ、猫の◯◯ちゃん知ってる?迷子やねん。」
っと話しかけてくれるほど。
その小学生は迷子ちゃんと面識はなく、チラシを目にして心配しているのです。

ご近所さんと話していても、みなさんが心配して、注意して見てくれているのがわかりました。

「あの子によく似た猫を見た」と聞いた場所を探しに行ってみると、
すでに別のご近所さんがいて「ここはいつも気をつけて見てますよ。」とおっしゃっていました。
毎日ワンちゃんの散歩をしながら、探している方もいらっしゃいました。

とにかく飼い主さんだけでなくの多くの方が心配していたのです。

だからこそ、その迷子ちゃんが家に戻ったというニュースは
もう小躍りしてしまうほどに嬉しかったですわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

早く顔見知りのご近所さん達に会いたいexclamationみんなで喜びをわかちあいたいexclamation×2
…しかし、そんな時に限ってなかなか会えないものですねもうやだ〜(悲しい顔)
まだ喜びを分かち合いたい方、全員とは会えてません。

例の小学生軍団には「ビッグニュースexclamation◯◯ちゃん家に帰ってきたってぴかぴか(新しい)」っと報告すると
「知ってる。」とクールな感じの返答で、テンション高いのは私だけでしたあせあせ(飛び散る汗)


…もしも、もしも、大切な我が子が迷子になってしまった場合、
まずは警察、保健所、動物病院に連絡して下さい。
保護された方が動物病院へ連れて行かれる事、けっこうあります。
(橋本市内には6軒の病院があります。)

そして、家族だけで探そうとせずに、多くの方に協力を仰いで下さい。
チラシをポスティングしたり、SNSを利用するのもありです。
この辺りの商業施設はだいたい掲示してくれます。
たくさんの目で見て、探してあげて下さい犬猫


どんなに脱走に気をつけていても、犬猫は私たちが思うよりずっとすごい身体能力があります。
一瞬の隙に外へ出てしまって家に帰れなくなってしまった迷子ちゃん達はたくさんいます。
飼い猫(犬)が外で生きていくことは、とんでもなく過酷なことです。
1日も早く温かいお家に戻ることができますように。

そして、迷子のチラシを目にした時には、どうぞ記憶のどこかに留めておいてあげて下さい。

写真の猫も迷子ちゃんです。↓↓↓毎日飼い主さんは探してます。

8A07B70B-2C76-46C5-A796-0F2333352F2A.JPG

11月28日 高野口町伏原(国道24号線より北側)でいなくなりました。
名前はクロちゃん
まだ1歳の若いオス猫です。(去勢済み)
毛色は白とキジ柄で、ピンク色の鼻の右横に薄茶色の柄があります。

家族以外の人が名前を呼んでも寄ってくるそうです。

見かけた時には高野口動物病院へご一報下さい。(0736-42-0339)
posted by koyaguchi-ah at 14:19| 日記

2019年12月15日

パパのお仕事参観??

IMG_9044(1).jpg

4歳児の娘が最近お気に入りの絵本は...

『どうぶつ げんきに じゅういさん』  山本省三作 はせがわかこ絵  講談社

先日こども園に来た移動図書館ブッキーで借りた本です。

絵本を隅々まで眺めては、これはうちの病院にあるのか、これはパパは持っているのか、
などと本に載っている道具や機器を確認します。

手術中のページでは「パパもこうしてる?」
娘の顔は真剣です。

そう、本を通してパパの職場参観をしているのです。

まるで今、この時期の娘のために描かれたようぴかぴか(新しい)良い絵本を借りてきましたわーい(嬉しい顔)

仕事から帰宅してソファで一息つく先生の膝にすかさず、絵本を広げて
「パパ〜、見といてよ?これは待合室やで。ここが診察するところ。これはあれ!手術するとこ。」
と一つ一つ指を差して説明してました。


娘は絵本を先生に「読んで」とは言いません。

理由は…「パパな、ちっちゃい声で読むから嫌やねん…」

いやいやあせあせ(飛び散る汗)確かにうちの先生は物静かで、ボソボソと喋りますが…絵本を読む声はわざとなんですけどexclamation&question
物静かでシャイなパパが子ども達を笑わせたくて、頑張って考えた(と思われる)苦肉の策exclamation×2

ぴかぴか(新しい)わざと小声で早口に読むぴかぴか(新しい)

これはパパのボケですよー。笑って突っ込むとこですよー。しかし、笑ってるのは本人だけ…たらーっ(汗)

子ども達からは不評で、「もう!ちゃんと読んでよ!」と怒られて、
それでもついやってしまうので、今や「絵本を読んで」と言われなくなってしまった先生ふらふら

そろそろ別のパターンも編み出して欲しいものですあせあせ(飛び散る汗)

この講談社の『よみきかせお仕事えほんシリーズ』はバスの運転手さんや
パン屋さんなどがあるそうです。
うちの娘の様に親の仕事を知るきっかけにもいいですし、
「大きくなったらこんな仕事がしたい!」という幼児さんにおすすめです。
絵が可愛くてとても見やすいので、大人も楽しめますよ本

IMG_9075.JPG
posted by koyaguchi-ah at 18:07| 院長はこんな人