2020年06月30日

最近の癒しは・・・

IMG_1908.jpg

今日は梅雨らしいお天気でした雨

この時期はじめじめした湿気で皮膚が覆われて、人も犬猫も皮膚トラブルの多い季節です。

耳を痒がっていたり、同じ箇所ばかり噛んでいたり、
いつもより肌がベタついていないか、カサついていないか、赤くなっていないか・・・など気をつけて見ていてあげて下さいね犬猫

うちの子ども(人間)は今月は2回も皮膚科を受診しましたあせあせ(飛び散る汗)


さて、先生の気分転換できる趣味の一つにナノブロックがあることを以前もお伝えしましたが、最近の仕事疲れの癒しは、5歳の娘からのラブレター?のようです黒ハート

登園自粛のステイホーム期間、今までになくパパとの時間が増え、やたらと「パパ〜、パパ〜ハートたち(複数ハート)」とまとわりつくようになりました。

覚えたての平仮名を駆使して、毎日のようにお手紙を書いてますメール

仕事を終え、帰宅した先生にガシっと抱きついた後、
賞状を授与するかのように両腕を伸ばして厳かに手紙を差し出します。
シャイな先生はしれっとした顔で、片手で受け取りますが、やっぱりちょっと嬉しそうわーい(嬉しい顔)

写真のお手紙はいつもの定位置であるソファーのすぐ横に貼ってるもの。
今はカタカナで「パパ」と書けるようになってます手(チョキ)

IMG_1924.jpg
posted by koyaguchi-ah at 22:57| 院長はこんな人

2020年06月18日

コロナのおかげか??まさか掃除好きに!?

新しい生活様式の日常に慣れてきつつあるこの頃、みなさまの毎日はどんな感じでしょうか。

私の日常の大きな変化は、掃除の時間が増えた ことでしょうか。

こんな些細な事をここに載せていいものかと迷いましたが…

私、前より明らかに掃除してるんですぴかぴか(新しい)

お恥ずかしい話、私は四角い部屋を丸く掃除するタイプ。
汚れを発見してから「こりゃまずいexclamation×2掃除しよあせあせ(飛び散る汗)」って感じ。

でも、病院だけは毎朝かかさず自分の決めた箇所を掃除していました。

新型コロナウイルスが蔓延るようになり、朝の掃除に除菌液での拭き掃除をプラス。
スプレーでシュッとして拭き取るより、バケツに除菌液を入れ、雑巾で拭き取る方がより効果的とTVで観てからはその方法でやってます。

今までの拭き掃除より時間をかけて。

毎朝、「ここいる?こんなとこ触るかなぁ〜?さすがにここは触らんやろ〜!」と思いながらも、
「うちの患者さま(飼い主さま)やスタッフ達をコロナから守らなければパンチ」なんて勝手に使命感をもって色んな所を拭いてますぴかぴか(新しい)

スタッフも今まで以上に除菌消毒は気をつけてくれているので、
私の朝の掃除はしてもしなくても変わらないのですが、ま、自己満足です。

そう、軽く汗をかく運動みたいなもので。

掃除が終わったら、スッキリしますかわいい
そして毎朝「あれ?私、掃除好きやったっけ??コロナのおかげやなぁ。」と。わーい(嬉しい顔)


私の掃除は二段階方式で、1回目は朝起きて、院内の窓を開け、ゴミを表へ出し、洗濯物たたんだり、花の水を変えたりしながら、2回目の掃除の段取りを決めます。
そして朝刊をとって2階にある自宅へ戻ります。
家族を起こし、支度を整え小学生を送り出したら、園児を登園させるまでの時間、
第2回目の掃除タイムのスタートです。

コロナの前まではこの時間があんまり好きじゃなくて、どこか仕方なくやってる感じだったんです。
「朝一番にスタッフや患者さまが気持ち良く院内へ入ってきて欲しいなぁ…」ってただそれだけで。

ところが今は、ヨガのポーズみたいに拭いてみたり、肩こり解消をイメージして拭いてみたり、
「なんや掃除って楽しいやーんるんるん」ってなってます。

先生はそんな私を見て見ぬふりしてます。
そこで「なんやねん、そのポーズexclamation×2」って、笑われでもしたら、
私の楽しい掃除時間は瞬時に終わってしまうことでしょう…


ちなみに先生は綺麗好きなんだと思いますひらめき
結婚してから私が家を汚くしてても何にも言わないので、きっと同じ感覚の人なんだと思って安心してましたが、
開院してから細々したものも綺麗に整理整頓したり、丁寧に掃除している姿を見て、
「あ。我慢してくれてるのね…」と知りました。

私が本物の掃除好きになった時は、二階の自宅もピカピカに綺麗になることでしょう。

果たして、そんな日が来るのやら…たらーっ(汗)

コロナのおかげで、にわか掃除好きになった私が、本物の掃除好きになれるよう、おすすめの掃除道具や、やり方など、是非ぜひ教えて下さいませグッド(上向き矢印)


写真は5歳の画伯が私を描いてくれました。こんな顔して掃除してますわーい(嬉しい顔)

IMG_1285.JPG
posted by koyaguchi-ah at 23:14| 日記

2020年05月28日

初めての受診で驚いたこと

IMG_1370.JPG

柴犬のリキくん、生後50日くらいぴかぴか(新しい)
友人が子犬を家族に迎え入れましたわーい(嬉しい顔)
先日、初めて来院し、診察の帰りに自宅へ寄ってくれたのです。


見ての通り、可愛いすぎますぴかぴか(新しい)
バスケットにおさまってウトウトする姿は、ほぼ動きはないはずなのに、もうずーっと見ていたい黒ハート

慣れない場所で子ども達に入れ替わり立ち替わり抱っこされ、うちに来る前には受診していたので、さぞお疲れだったことでしょう。
この日のリキくんは、なされるがままのぬいぐるみ状態でした…
診察中はオヤツをもらった一瞬だけシャキーンぴかぴか(新しい)となったそうですがわーい(嬉しい顔)


飼い主である友人の動物病院の初受診の感想は…
「これから気になりそうな事も色々と教えてもらって安心したわ〜」と、満足していただけたようでするんるん

そして、いつもおっとりとした友人が、少々興奮した様子で驚いていたことが2つひらめき

診察は立ったままexclamation×2

子犬も乳歯から大人の歯に抜け変わるexclamationしかも割と早いうちにexclamation×2
(個体差はありますが、4ヶ月〜6ヶ月くらい。子猫もだいたい同じくらいです。)

確かに。人の病院では医師も患者も椅子に座ってますし、
歯だって、人と同じように乳歯と永久歯があるなんて考えることないですよね?あります?
子犬を飼ってみて初めて知る人が多いのかもしれません。

私たちは当たり前になってましたが、彼女の感想にとても新鮮な気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

「乳歯やらご飯やらしつけやら…なんか子ども達が小さい頃を思い出したわ。」と微笑む友人は幸せそうでした。

リキ君を迎え入れてから、家族全員の意識が同じ方向を向いていて、団結感が増しているそうですよ。
人間の子どもが1人増えるのと同じくらいお世話も大変だと思いますが、笑顔も幸せもさらに増えますねハートたち(複数ハート)


昨日は我が家の愛犬ビリーの命日でした。
楽しかった思い出や最期の時を思い出しながら、
「ビリーとの時間はかけがえのない良い時間だったな。」と改めて思いました。

犬が居る生活。犬
猫が居る生活。猫

あぁ、キラキラしてますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

私たち人間よりずっと短い寿命ですから、いつか来るお別れの日まで飼い主さんの責任は続きます。

一日一日を慈しみ、心を通わせあえる喜びを、生命の温もりを感じる幸せな日々が、
長く長く続きますように。
posted by koyaguchi-ah at 00:00| 日記