2018年08月31日

心の中に生きています

愛犬ビリーを見送ってから1年以上が経ちました。

先日やっと彼の骨を土へと返してやることができました。

「ずっと私の手元に置いておきたい」ただそれだけでした。
私の見えるところに居てくれてるだけで良かったのです。
でも友人から「土へ返してあげないと、ビリーも生まれ変われないよ。」と言われて、踏ん切りがつきました。


10歳を超えてからウチの子になり、17歳で旅立つまで私たちと寝食を共にしました。
最後の1年は介護を必要としましたが、脳炎でくるくる回り続けながらも命を全うしました。


仕事がら大切なご家族を天国へと見送った飼い主様とお話しする機会が多くあります。
私たちが知る病院でのひと時よりも、何倍も何倍も長く濃い時間を過ごしてこられた飼い主様に、
どんな言葉も足りないし、適していない気がして、ただただ心に寄り添いたいという気持ちでいます。

見送る側のそれぞれに、その人なりの心の整理の仕方があると思います。
私は1年以上の時間がかかりました。それが長いのか短いのかはわかりません。

日常は流れても、なかなか気持ちの整理が追いつかないそんな悲しみの中にいる方、
どうか焦らずにゆっくりと。ゆっくりと。

今もうちの子ども達は誰もいない家に帰ってきて「ビリーただいま〜!」と叫びます。
たまにみんなで「ビリー天国で今頃なにしてるかな?」と話します。
ふとした時に「あ!今ビリーもここにいるね。」とか。

姿はなくても心の中に生き続けるってこういうことなのかと思うこの頃です。

IMG_2535.JPG
posted by koyaguchi-ah at 12:06| Comment(0) | 日記

2018年08月28日

茶トラはワルで甘え上手なモテ男??

先週末は月に一度開催される和歌にゃんずの猫の譲渡会のお手伝いに行ってきました。
(はしもとさくら猫の会和歌にゃんずブログhttp://wakanyanzu.blog.fc2.com/

IMG_2482.jpg

和歌にゃんずは行き場のない猫たちの為に活動するボランティアグループです。
大きな保護団体のようなシェルターがあるわけではなく、個人で猫を保護されている方達に里親を見つけるお手伝いをしたり、保護のしかたをレクチャーしたり、相談を受けたりしています。

譲渡会には色んな地域から猫の保護主さんが集まって情報交換や猫談義に花が咲きます猫ぴかぴか(新しい)

保護主さん達の会話
「茶トラの猫って悪いことばっかりせえへん?」

「するするー!!」

「うちのは網戸を全部破ってまわるねん」

「そらあかんわー!」

「うちの茶トラもいつも他のオス猫に怒られてるわ〜」

え?茶トラの猫って悪いのん??

「そやけどメス猫にはモテるねんなぁ。うちにおるメス猫はみんな茶トラが大好きやねん。他のオス猫には見向きもせんのに。」

「そうそう、茶トラって甘え上手やし。」

ほう、茶トラはワルで甘え上手なモテ男なんかひらめき

保護主さんたちの間では「茶トラはオス猫が多いからオスの部分がより強く出るんちゃうやろか??だから悪さするんやわ。」という話で収まりました。

「それに比べて白黒ちゃんは賢いよね〜」

「うんうん!アカン言うたことは絶対にやらへんもん。賢いわ〜。」…と続くのでした。


毛色によって変わる猫の特性…
猫を多頭飼い(保護)されている方ならではの会話、興味深く聴かせていただいましたわーい(嬉しい顔)

皆さまのお家のにゃんこちゃんはどうですか?猫

病院では犬猫に限らずだいたいみんな診察台に緊張していて本来の姿はなかなか見られませんもうやだ〜(悲しい顔)

posted by koyaguchi-ah at 15:35| Comment(1) | 日記

2018年08月18日

新しく趣味が増えました!

羨ましくなるほどの色白なうちの先生、今年の夏はちょっと違うんです。
健康的に日焼けしてるんですぴかぴか(新しい)晴れ

え?? どこにも行ってませんよ。相変わらずの仕事人間です。

いつもと違うところは・・・新しい趣味といいますか、夢中になってることがありまして。

それは・・・草抜きなんですexclamation×2

6月から新しく増えた西側駐車場の草抜きをきっかけに、日に日に増えていく草抜きアイテムぴかぴか(新しい)(写真参照)
IMG_2331.jpg

そのうちスポーツマンが身に着けるような、下着やタオル、Tシャツまで。
で、最終的には農作業用の地下足袋もexclamation×2
うちに縁のなかった物がずいぶん増えましたわーい(嬉しい顔)
今では親の畑の草抜きまでしております。ま、これはこれで親孝行でいいのですが。

初めは草抜きをする夫を見て、「私も手伝わないと!」と背中を追っていましたが、
炎天下でも少しの空き時間があれば容赦なく始まる地獄の草抜きに、「もう勝手にやってくれ。」状態に・・・
いや、マジでやってられません。体壊しますってふらふら

どうも彼は、“何も考えずに黙々と草を抜く”という動きに楽しみを見出したようなのです。

「ちょっとランニング行ってくるわ!」みたいな爽やかさで草抜きです手(チョキ)

で、誰かに「先生、いつも草抜き頑張ってるね!」なんて言われたら、普段は見られないような嬉しそうな笑顔で「けっこう綺麗になったでしょう?」と。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

そのうちフロフィール欄に「趣味・草抜き」と載るかもしれません。
posted by koyaguchi-ah at 21:29| Comment(0) | 日記